奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1249
ID AN00181569-20070300-1005
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20070300-1005.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 34.0 KB
Last updated : Dec 7, 2010
Downloads : 2958

Total downloads since Dec 7, 2010 : 2958
タイトル 高年齢者の雇用の安定等に関する法律の改正の現状と法的課題
別タイトル
The reforms of the law for the stability of the employment for elders
著者
増本 弘文 (Masumoto hirofumi)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.35号, (2007. 3) ,p.57- 68
識別番号
ISSN
03892204
抄録 2006年4月1日から、高年齢者の雇用の安定等に関する法律の改正が行なわれた。
この法律は三つの選択肢を規定している。
1.定年の廃止
2.定年の延長
3.再雇用制度
現在の調査によれば、大企業の90%は再雇用制度を採用している。それは、新たに雇用契約を締結することによって、企業の自由度が確保されるからであろう。ただし、問題は中小零細企業である。中小零細企業には、高齢者に与える仕事がない、高齢者のために職場環境を変えなければならないなどの多くの問題が存在しているからである。いずれにしても、つい先日施行された改正であるので、厳しい経済環境や年金システムを背景に、奈良県を含め、どのように、展開していくのかを注意深く見守りたい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 35号
関連アイテム