奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1371
ID AN00181569-20100300-1002
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20100300-1002.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.1 MB
Last updated : Jan 13, 2011
Downloads : 5020

Total downloads since Jan 13, 2011 : 5020
タイトル 図書館のサービス評価法: 説明責任を果す評価法の確立(1)
別タイトル
Appraise libraries: An effective evaluation for the accountability(1)
著者
原田 安啓 (Harada yoshihiro)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.38号, (2010. 03) ,p.23- 37
識別番号
ISSN
03892204
抄録 当事者から信託を受けて事業を遂行する者にとって、評価を通じて説明責任を果たすことが強く求められるようになって来ている。図書館とて例外ではない。現在、日本の図書館は最適な評価法の確立をめぐって模索している段階である。本稿では、いくつかの有力な評価法を検討しうる可能性を論じた。その中で重要指標である「利用者満足度」について、日本の現状では信頼できる結果を導き出すのが困難な状況にあること。また評価を行ったことに満足し、評価後どう変化したかの追跡が不十分であることに疑問を呈した。評価と並んで、米国で一定の効果を上げている「(仮)図書館の実力度インデックス」日本版の導入も検討に値することを論じた。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 38号
関連アイテム