奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:753
ID AN00181569-20110300-1006
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 未公開
タイトル イタリア中部L'Aquila 2009 大地震の実態と1年後の状況
別タイトル
One Year After the L'Aquila 2009 Earthquake in Central Italy
著者
池田 碩 (Ikeda hiroshi)
文学部
澤 義明 (Sawa yoshiaki)
2010年度奈良大学大学院生
publisher 
出版地 奈良
出版者 奈良大学 
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.39号, (2011. 03) ,p.91- 102
識別番号
ISSN
03892204
抄録 2009年4月6日、イタリア中部ラクイラL'AquilaでM6.3の地震が発生し、大きな被害を出した。それから1年後に現地を訪れ現状を調査したのでその結果を報告する。それを、1995年1月17日に発生した阪神淡路地震発生時の状況とその後の対応とについて比較した。
1年後のL'Aquilaでは復旧作業が大変遅れており、まだ今後の作業計画も発表されていない状況であった。阪神淡路大地震時には瓦礫の撤去はただちに始められたし、使用不能と判定されれば建物の撤去でさえも1年以内には費用のすべてを行政負担として進められた。このことが、その後の復興作業のスピードをあげることに結びついたと考える。
イタリアにおけるこのような災害に対する思考や、作業に向けての今後の計画と進行過程などについて、これからも追跡し比較したいと考えている。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 39号
関連アイテム