奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1753
ID AN00181569-20110300-1010
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 未公開
タイトル 薔薇の文化史(その二) : 光源氏の紅い薔薇
別タイトル
The Origin of Roses : Chinese Red Roses and Japan
著者
中尾 真理 (Nakao mari)
教養部
publisher 
出版地 奈良
出版者 奈良大学 
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.39号, (2011. 03) ,p.190- 216
識別番号
ISSN
03892204
抄録 ヨーロッパでは昔から最高に美しい、「花の中花」と讃えられてきたバラだが、日本では影の薄い存在だった。『万葉集』『古事記』にバラは歌われていない。ただ一つ紀貫之の「さうひ」の歌を除いては。一方、中国は野生のバラの宝庫で、古くからバラ栽培も盛んだった。隋や唐の時代には白楽天など多くの詩人がバラの詩を書いている。宋時代には四季咲き性のバラ(月季花=長花)が現れ、十八世紀にはそれがヨーロッパに伝えられ、在来のバラと交配されて、「バラ革命」といわれるほどの影響を与えた。本稿は平安時代の漢詩文うあ『源氏物語』にわずかに残る「薔薇(そうび)」に注目し、それが漢詩とともに伝わった、外来の珍しい花であったことを証明する。『源氏物語』の紅い薔薇は、その後、詩歌や絵巻物、着物の文様として使われることもなく、日本のバラ愛好熱は一般化しないまま終わったかに見える。しかし、鎌倉時代以降には、中国から庚申バラという新しいバラが伝わり、日本の庭を賑わせていた。これが月季花(長花)と呼ばれるバラである。
隋・唐時代の「薔薇」と、宋時代の「月季花」、さらにヨーロッパの古いバラとの関係を考える。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 39号
関連アイテム