奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:851
ID AN00181569-20120300-1001
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20120300-1001.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 3.2 MB
Last updated : Mar 4, 2013
Downloads : 224

Total downloads since Sep 10, 2012 : 224
タイトル 成都市東南郊における集市の近年の動向
別タイトル
Recent Trend of Markets in Southeast Suburbs of Chendu City,China
著者
石原 潤 (Ishihara hiroshi)
学長
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.40号, (2012. 03) ,p.1- 10
識別番号
ISSN
03892204
抄録 改革開放以来、急速に発展して来た中国の集市も、近年相対的に地位低下の傾向が見られる。筆者は前稿で、農村地域や地方都市における集市の相対的地位低下の状況を、実証的に明らかにしたが、本稿では、人口増加が激しい大都市近郊地域での集市の動向を検証するため、成都市東南郊の龍泉駅区を事例に、1999年から2009年までの10年間に、(一般市場)がどのように変動したかを明らかにした。その結果、都市化ないし人口増加は、集市に正の方向(需要増による集市の新設や繁栄)に影響を与える場合と、負の方向(再開発のための集市の廃止や農民の参加減による衰退)に影響を与える場合があること、集市をめぐる政策(特に「退路進庁」政策)が、街路の露天市の廃止などを通じて影響していることが明らかとなった。対象地域では、この間、差し引き3つの集市が減少し、全国的動向と軌を一にしている。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 40号
関連アイテム