奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:862
ID AN00181569-20120300-1003
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 未公開
タイトル 本学英語教育の取り組みの現状について : TOEIC BridgeとCALLシステムを中心に
別タイトル
A Status Report of English Education in Nara University: Introduction of the TOEIC Bridge and the New CALL System
著者
石﨑 一樹 (Ishizaki kazuki)
教養部
ジェームズ スワン (Jemuzu suwan)
教養部
中尾 真理 (Nakao mari)
教養部
森山 宏美 (Moriyama hiromi)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.40号, (2012. 03) ,p.31- 42
識別番号
ISSN
03892204
抄録 本論は奈良大学における英語教育の現状報告である。2011年度、本学の英語教育において特筆すべき新たな動きがふたつあった。ひとつは新入生向けの英語力判定テストとしてTOEIC Bridgeを導入したこと、もうひとつはCALL教室内のCALLシステムを刷新し、新たにCHIeru社のシステムを導入したことである。TOEIC Bridgeについては、入学時にこれを受験することによる学生の英語学習への動機づけと、社会的認知度が極めて高いTOEICテストへの誘導が主な目的である。CALLシステムの更新は旧システムの老朽化に伴う必須の作業であったが、どのようなシステムを導入するかが語学教育全体の筋道を決定づける要因であることを考えると、極めて重要なポイントであると言える。今回の刷新で、語学教育のために非常に役立つシステムが導入できたと考えている。両方ともに奈良大学の英語(語学)教育の将来を見据えた取り組みであり、そのための基盤を、これらの取り組みによって固めた。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 40号
関連アイテム