奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:839
ID AN00181569-20120300-1005
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20120300-1005.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 11.9 MB
Last updated : Mar 4, 2013
Downloads : 150

Total downloads since Sep 11, 2012 : 150
タイトル 超「想定外」だった「東日本大地震」被災地域の状況現地調査報告
別タイトル
A Site Survey of Disaster Conditions Due to the Great Eastern Japan Earthquake That Was Stronger Than Anyone Expected
著者
池田 碩 (Ikeda hiroshi)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.40号, (2012. 03) ,p.55- 80
識別番号
ISSN
03892204
抄録 2011年3月11日午後2時46分に「東日本(太平洋岸)大地震」M9.0が発生した。列島沖合のプレート境界型で、震源域は幅200km、長さ500キロメートルにおよび、これまで想定していなかった規模の巨大な自信であった。その結果、太平洋沿岸一帯は大津波に襲われた。そのうち北部はリアスの湾内から内陸奥部へと遡上、南部は沖積平野を布上に侵入した。その結果、死者不明者約2万人という大被害に見舞われた。
筆者は、大学で「災害地理学」の講義を担当している立場から、ただちに現地へ向かい全域の被害状況と被災の特徴を把握することにつとめた。
調査は、すでに大学を卒業しコンサルタント、教職などで中堅として活躍している者や、大学院生・学部制の有志達と共に行った。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 40号
関連アイテム