奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1124
ID AN00181569-20130300-0008
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 未公開
タイトル 敦煌凶書儀にみえる「死」の表現の語義に関する考察
著者
楊 莉 (Yo ri)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.41号, (2013. 03) ,p.105- 115
識別番号
ISSN
03892204
抄録 敦煌凶書儀に見られる「死」の表現は家族上下関係から年齢の大小に変わり、それぞれに「棄背」、「傾背」・「傾逝」、「殞逝」、「喪逝」、「夭逝」・「夭喪」・「夭折」・「夭歿」、「去離恩愛」、「去離懐抱」といった順番が見られる。これらの用語により敬意を表す順位が決定される傾向が伺える。本稿では「死」に用いられる表現の語義について諸資料に見られる用法と比較し、言葉を用いる対象の範囲と語義の変
化を検討する。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 41号
関連アイテム