奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:3164
ID AN00181569-20130300-0012
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 未公開
タイトル シカゴ・モノグラフの読解 ─ポール・G・クレッシー『タクシー・ダンスホール』─
別タイトル
Deciphering a Chicago monograph: Paul G. Cressey, The Taxi- Dance Hall
著者
中野 正大 (Nakano masataka)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.41号, (2013. 03) ,p.185- 212
識別番号
ISSN
03892204
抄録 本稿は1932年、シカゴ大学出版会から出版された社会学叢書の1冊、ポール・G・クレッシーの『タクシー・ダンスホール』を紹介する。この著書は当時、ロバート・E・パークとともにシカゴ大学社会学部の黄金時代を築いたアーネスト・バージェスの指導のもとで書かれたいわゆる「シカゴ・モノグラフ」と呼ばれるものである。このモノグラフは、当時アメリカの大都市の歓楽街にあだ花のように咲いた風俗店とでも呼べるきわめていかがわしい娯楽施設を調査の対象として書かれたものである。その際、クレッシーはこの頃まだこの用語すら一般的ではなかった「参与観察」というデータ収集の技法を用いて調査を行った。このためダンサー嬢とそこにやって来る客とが繰り広げるタクシー・ダンスホールの社会的世界が鮮やかに描き出されている。次いで本稿では、調査方法論について自覚がなかった当時にあって、クレッシーがこうした参与観察について論じている未公刊の草稿が見い出されたので、それについて触れ、最後に本書の成立の背景と彼の歩んだキャリアーについて紹介する。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 41号
関連アイテム