奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1293
ID AN00181569-20130300-0016
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20130300-0016.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.4 MB
Last updated : Oct 31, 2013
Downloads : 846

Total downloads since Jun 4, 2013 : 846
タイトル 斑鳩町における徒歩生活圏の再構築に関する調査研究
別タイトル
Research on Reconstruction of The Sphere of Everyday Life on Foot in Ikaruga Town
著者
中原 洪二郎 (Nakahara kojiro)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.41号, (2013. 03) ,p.259- 270
識別番号
ISSN
03892204
抄録  社会構造の変化に伴う徒歩生活圏からの商業施設の喪失は、高齢化による移動可能圏の縮小とコスト重視の公共交通政策による交通弱者の増加が相まって、早急に対応すべき問題となっている。長きにわたって地域のコミュニケーション基盤として機能していた商店が失われていくことは、単に地域経済に悪影響を及ぼすだけではなく、地域がコミュニティとしての問題解決能力を失っていくことでもある。本研究では、奈良県生駒郡斑鳩町を対象として、商店を中心とした徒歩生活圏の再構築への住民参加可能性を探る。調査の結果、約25%の住民が徒歩圏内に商業施設がないことを懸念している反面、そういった住民ほど、活動参加意欲が弱く、逆に問題を感じていない住民ほど、活動参加意欲が強いか、もしくは無いかのどちらかに分かれることが明らかになった。このような状況下での住民参加型の地域活性化活動の枠組みとして、「複合アソシエーション型住民参加モデル」を提案する。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 41号
関連アイテム