奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:2218
ID AN00181569-20130300-0018
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 未公開
タイトル 「源氏物語かるた」考―源氏絵の簡略化・抽象化・象徴化―
著者
塩出 貴美子 (Shiode kimiko)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.41号, (2013. 03) ,p.326- 295
識別番号
ISSN
03892204
抄録 「源氏物語かるた」は、『源氏物語』の各帖から和歌を一首ずつ取り出し、カルタにしたものである。上の句札には絵が描かれており、物語の一場面やそれを連想させるような事物が描かれている。本稿では十一件の「源氏物語かるた」を紹介し、まず、和歌の校合を行った。その結果、これらの和歌は青表紙証本系統の本文よりも、江戸時代に版行された『源氏物語』の梗概本に近いものであることが明らかになった。次に、絵については、人物が少ない、あるいは人物を描かないものが多いことから、人物の有無によって二分し、人物を描くものについては、場面の縮小化、場面の簡略化、人物の抽象化の三種に、また人物を描かないものについては、帖名の象徴化、場面の象徴化、その両者を兼ねるものの三種に分類し、それぞれの特徴を考察した。また、その図様について、版本挿絵との関係が考慮されること、および図様から見た作品の相互関係などを考察した。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 41号
関連アイテム