奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:895
ID AN00181569-201403-1003
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-201403-1003.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 8.3 MB
Last updated : Oct 6, 2016
Downloads : 212

Total downloads since Feb 18, 2015 : 212
タイトル シュールな誕生一『ユリシーズ』第14挿話をめぐって-
著者
中尾 真理 (Nakao mari)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.42号, (2014. 03) ,p.39- 68
識別番号
ISSN
03892204
抄録  ジェイムズ・ジョイスの『ユリシーズ』(1922)は『若き芸術家の肖像』の主人公スティーヴン・ディーダラスを引き継ぐ形でスタートする。ダブリンを脱出したものの、「飛朔」に失敗し戻ってきたスティーヴンが、第1挿話から第3挿話の中心である。しかし、第4挿話になると、読者の前に突如、もう一人の主人公レオボルド・ブルームが現れる。三十八歳のユダヤ人、新聞社の広告取りである。本稿は『ユリシーズ』第14挿話を、若き芸術家スティーヴンを中心に読み、ブルームとの関係を考える。
 二十二歳のスティーヴンとユダヤ人のブルームは、これまで何の接点もなく、ただすれ違うだけで、スティーヴンはブルームの存在に気づいてさえいない。第14挿話の産科病院で二人は初めて同席するのである。
 第14挿話のテーマは「出産と誕生Jで、三日がかりの難産に苦しむピュアフォイ夫人の無事男子出産が挿話のクライマックスとなる。出産の知らせにスティーヴンは「パーク酒場へ」と叫び、一同は夜の 居酒屋へ繰り出す。本稿はまず第I部「父スティーヴンと亡霊の息子」で、この挿話が芸術家スティーヴンの「出産」を祝う挿話であること、また、ブルームがスティーヴンの生み出した作中人物、すなわち「亡霊の息子」であることを証明する。スティーヴンは「言葉による創造主」を目指しており、「子(=作品)」を産んで初めて「父(=創造主)」、つまり「芸術家」になったのである。
 第Ⅱ部「モダニズム時代の芸術家(アーテイスト)」では、ジョイスにとって「芸術家Jとは何であったのかを問い、「芸術家」の時代背景を考える。象徴主義からシュルレアリズまで、モダニズム時代の 前衛運動をたどり、『ユリシーズ』のシュルレアリスティックな読みの可能性を検討する。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 42号
関連アイテム