奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:585
ID AN00181569-201403-1010
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-201403-1010.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 2.3 MB
Last updated : Mar 3, 2017
Downloads : 217

Total downloads since Mar 3, 2017 : 217
タイトル 学校教育相談活動が教育相談コーデイネーターに及ぼす心理的影響
別タイトル
Psychological Efects of Educational Counseling Activities on Educational Counseling Cordinators
著者
千原, 美重子 (Chihara, Mieko)
奈良大学社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.42, (2014. 3) ,p.153- 164
識別番号
ISSN
03892204
抄録 常勤スタッフでないスクールカウンセラーにとって、業務を遂行する上で教育相談コーデイネーターの存在は命綱といえるが、教育相談コーデイネーターにとってその分掌を担当することによりどのような心理的影響を受けるのか調査を行った。まず、女性が男性の約4倍多く担当者となっていた。結果は、まず第1に、教育相談コーデイネーターになることで学校の中で大きな負担があっても、そのことをストレスと感じている場合と、そうでない場合と2分されており、個人差があった。第2に、生徒指導、特別支援教育との連携、スクールカウンセラーとの連携は高いと認識していた。第3に、いじめがあればケース会議が開催されており、学内のコミュニケーションも高いということを示した。第4に、教育相談コーデイネーターになることで教育の見方が変化したとの回答が高く、大きな影響を及ぼしていた。 質問間の相関は、SCとの連携がよいほどコーデイネーターとの閉じられた集団を作りやすい点がうかがえ、今後の課題として指摘できる。スクールソーシャルワーカーはまだ人数的に配置数が少なく、今後充実が望ましい。
キーワード
教育相談コーデイネーター
スクールカウンセラー
関係性
educational counseling cordinators
schol counselor
relationship
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 42号
関連アイテム