奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:758
ID AN00181569-201503-1003
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-201503-1003.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 257.9 KB
Last updated : Jun 28, 2016
Downloads : 950

Total downloads since Jun 28, 2016 : 950
タイトル “Hoochie-Coochie Diva”: AAVE Discourse Strategies in Waiting to Exhale
著者
山根, キャサリン (Kathleen YAMANE)
奈良大学教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.43, (2015. ) ,p.41- 60
識別番号
ISSN
03892204
抄録 Over the past decade, sociolinguists have increasingly turned their attention to language use within specific “communities of practice” (Eckert and McConnell-Ginet, 2003) to more fully understand the interface of language and socio-cultural parameters. Da Fina (2006) and others stress the necessity of acknowledging the fluid nature of identity and the range of ways that our shifting identities are expressed though language within specific speech communities. This focus on actual discursive practice, initiated by scholars of language and gender, has prompted exciting research into the speech patterns of doubly marginalized groups such as African American women, long overlooked in research that tended to categorize all women as being part of one homogeneous (white) group, and all Afro-Americans as being male. Part of a larger study aiming to more clearly describe speech patterns among African American women in a variety of contexts, the current study focuses on code-switching practices among four black female friends in the film Waiting to Exhale, based on the best-selling novel of the same name by Terry McMillan. As educated, middle-class professionals the women have access to both Standard English and AAVE, yet vernacular features occur with much great frequency in their private, intimate conversation in the Birthday Party scene. Along with speech acts such as call-and-response and braggadocio, this study considers the distribution of salient grammatical and lexical AAVE markers in the data and seeks to correlate their use with other factors such as emotional pitch.ことばとジェンダー、及び、アフリカ系アメリカ人英語の研究が盛んになるにつれ、社会言語学における研究方法が疑問視されるようになってきている。例えば、Troutman(2001)は、ある1つの言語行動が、民族性、年齢、社会的階級、性的指向を含む様々な社会言語学的要因を無視して、すべての女性に当てはまるかのように記述される点、及び、その結果、アフリカ系アメリカ人女性や他の少数言語共同体に属する女性の真の姿が見えなくなっている、あるいは、誤って伝えられている点を指摘し、この種の研究を「一枚岩にされたウーマニズム」(monolithic womanism)という語を用いて批判している。そのため、社会言語学者は、言語と社会文化的な要因との接点をより深く理解するために、ある特定の「実践コミュニティ」(communities of practice、Eckert and McConnell-Ginet(2003)の用語)内での言語使用により注目して、研究を行うようになってきている。また、da Fina(2006)らは、人は皆、日々の生活の中で実際にインタラクトする他者や状況に応じて、自己のアイデンティティを変えているという事実を重視し、アイデンティティの流動性はもちろんのこと、特定の言語共同体内で言葉を通して表現されるアイデンティティの幅も認めた上で、研究を行っていく必要があることを強調している。本研究は、様々な状況で用いられるアフリカ系アメリカ人女性の発話パターンをより正確に記述することを目的とした一連の研究の一部である。本稿では、映画Waiting to Exhale取り上げ、友人関係にある4人のアフリカ系アメリカ人女性が、互いにどのようにコードスウィッチングしながら会話しているかに焦点を当てて論じていく。4人は皆、教養があり、中流階級に属し、専門職に就いている。標準英語とアフリカ系アメリカ人英語の両方を用いることができるが、「誕生会」のシーンでは、この4人で交わされる会話の場面を中心に、アフリカ系アメリカ人英語の特徴がより多く現れる。言葉の掛け合い(call-and-response)やから自慢(braggadocio)といった発話行為とともに、アフリカ系アメリカ人英語に顕著に見られる文法的・語彙的特徴にも注目し、これらの現れと感情の高まりといった他の要因との相互関係を探る。
キーワード
African American vernacular English (AAVE)
code-switching, Waiting to Exhale
アフリカ系アメリカ人英語
コードスウィッチング
言語
eng
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 43号
関連アイテム