奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:740
ID AN00181569-201503-1005
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-201503-1005.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 512.2 KB
Last updated : Jun 28, 2016
Downloads : 925

Total downloads since Jun 28, 2016 : 925
タイトル 宜蘭クレオールにおけるsound substitutionについて
別タイトル
On the sound substitution of Yilan Creole
著者
真田, 信治 (Sanada, Shinji)
奈良大学文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.43, (2015. 3) ,p.75- 83
識別番号
ISSN
03892204
抄録 アジア太平洋の各地においては、戦前・戦中に持ち込まれた日本語が、長きにわたって現地諸語との接触を保ちながら使われ続けてきた。その接触によって最も大きな変化を遂げたのは、台湾東部の宜蘭県に住む原住民族の一部の人々が母語として用いている、日本語を語彙供給言語とするクレオール語(宜蘭クレオール)である。本稿では、このクレオール語に供給された日本語語彙におけるsound substitution(音的置換)について考察する。まず、現地語の音韻構造として、語中に母音が連続しないという点があげられる。また、現地語の音韻体系には、特殊音素の/R/(長音)と/Q/(促音)が存在しない。したがって、このような音を持つ日本語由来の語彙は現地語の音的フィルターによって、さまざまに置き換えられているのである。
キーワード
宜蘭クレオール
アタヤル語
音韻対応
Yilan Creole
Atayal language
sound correspondence
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 43号
関連アイテム