奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:695
ID AN00181569-201503-1007
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-201503-1007.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 2.3 MB
Last updated : Jun 28, 2016
Downloads : 425

Total downloads since Jun 28, 2016 : 425
タイトル 巨大地震と花崗岩山地の地形変化 : 1995.1 阪神大地震から20年後の六甲山地
別タイトル
A Strong Earthquake and the Changes It Caused in Granitic Landscape : Mt. Rokko Twenty Years After the Great Hanshin-Awaji Earthquake
著者
池田, 碩 (Ikeda, Hiroshi)
奈良大学名誉教授
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.43, (2015. 3) ,p.103- 124
識別番号
ISSN
03892204
抄録 1995年1月17日午前5時46分、淡路島北端部の地下14kmを震源として、マグニチュード7.2の大地震が発生した。このため淡路島から六甲山地の南麓を結ぶ延長約40kmにわたって震度7の激震に見舞われ、犠牲者だけでも6,500人を超すというすさまじい状況となった。六甲山地周辺の地形・地質は、筆者が研究のライフワークとしてきた地域であったため、ただちに調査に入り山地から山麓にかけての被災状況をできるだけ詳細に観察・観測し記録を報告した。さらに、その後の経年変化をチェックし10年目に報告したが、早20年目を迎えた。本論では、現在までの被災地の回復状況を、ほぼ完全に回復した地(域)と未だに被災当時に近い状態のまま残っている地(域)とがわかってきたので、事例を示しながら相違やその要因を中心に考察し報告する。
キーワード
大地震による地形の変状
10年・20年後の変化
回復地と不変地
Topographic Changes Due to Quake
Changes 10 and 20 years after Quake
Places With and Without Recovery
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 43号
関連アイテム