奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:715
ID AN00181569-201503-1009
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-201503-1009.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 268.5 KB
Last updated : Jun 28, 2016
Downloads : 508

Total downloads since Jun 28, 2016 : 508
タイトル Bion’s ideal society: Germinating the seed of a social psychoanalytical theory
著者
ハフシ, メッド (HAFSI, Med)
奈良大学社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.43, (2015. 3) ,p.135- 159
識別番号
ISSN
03892204
抄録 Unlike Freud who was widely read, used and abused by sociologists and social scientists, Bion is known in the psychoanalytical field for his theoretical and clinical work on psychosis and small groups, but is practically unknown to sociologists and social psychologists. The reasons behind this are the difficulty of his ideas and the way he expresses them in writing and speech. Nevertheless, Bion’s legacy contains a large number of concepts and theories that have important implications for the understanding and study of large groups and societies. In the present study the author has gathered these Bionian concepts, theories, or, metaphorically speaking, seeds allowing them to germinate into an embryonic or rudimentary social theory. He concluded that, according to this theory, society functions at two levels, namely, work group level and the basic assumption group level. Social stability depends on the interaction between these two group levels. A stable society is characterized by a psychosocial state wherein the work group coexists in harmony with the basic assumption group. Social stagnation, deterioration, madness is the result of psychosocial state wherein the work group is entirely dominated by the basic assumption group. Moreover, a stable society is one that is capable of containing positively its members. The present study discusses in detail the basic social requirements, conditions and functions included in positive containment.Bionは、社会学者や社会科学者によって広く読まれ、引用されるFreudとは異なり、余り知られていない。勿論、彼の精神病と小集団に関する理論的かつ臨床的仕事が精神分析のフィールドにおいて知られているが、社会学者や社会心理学者に殆ど知られていない。その理由は、彼が用いる概念が困難で、言語的に表現しにくいということにあると考えられる。しかし、それにも関わらず、Bionの理論的な遺産には、大グループや社会の研究や理解のための重要な概念や理論が含まれている。本稿の目的は、著者がこれらのBionの理論、概念、見解、あるいは比喩的に言えば、種を集め、基本的な社会理論に発芽させることである。結論として、このような理論によれば、社会は2つのレベル、すなわち、作動グループのレベルと基底的想定グループのレベルにおいて機能している。比較的に社会的安定性は、これらの2つのグループ・レベルの間の相互作用に依存するものである。安定した社会または大グループは、作動グループと基底的想定グループが共存し調和しているような心理社会的な状態によって特徴づけられる。一方、社会的不安定や停滞、衰微、社会狂気は、作動グループが基底的想定グループによって支配されるような心理社会的状態の結果である。さらに、安定した社会や大グループとは、その社会や大グループに属する成員を、精神分析的な意味で肯定的にコンテインメントが出来るものである。本稿では、著者は社会的コンテインメントの条件や状況について詳細に論述している。
キーワード
Wilfred Bion
basic assumption group
social containment
links
ウィルフレッド・R・ビオン
基底的想定グループ
プロトメンタル・システム
社会的コンテインメント
連結
言語
eng
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 43号
関連アイテム