奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1433
ID AN00181569-20160305-1007
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20160305-1007.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 464.9 KB
Last updated : Oct 25, 2016
Downloads : 382

Total downloads since Oct 25, 2016 : 382
タイトル 斑鳩大塚古墳の発掘調査
別タイトル
Excavation Report of the Ikaruga Otuka Tumulus
著者
豊島, 直博 (Toyoshima, Naohiro)
奈良大学文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.44, (2016. 03) ,p.93- 98
識別番号
ISSN
03892204
抄録 斑鳩大塚古墳は奈良県生駒郡斑鳩町に所在する直径35mの円墳である。1954年に最初の発掘調査が行われたが、正確な墳丘の規模や形は明らかにされなかった。奈良大学文学部文化財学科は斑鳩町教育委員会と共同で、2013年から斑鳩大塚古墳の調査を開始した。測量調査、地中レーダー探査、2度の発掘調査によって、①古墳は幅約8m、深さ約80cmの周濠をもつこと、②円墳ではなく、前方部をもつこと、③円筒埴輪、形象埴輪が樹立されていたこと、④古墳時代中期前半(5世紀前半)に築造されたことなどが明らかになった。今後は前方部の規模を確定すること、段築成や葦石、埴輪の残存状況など、墳丘本体に関する情報を得ることが課題であり、発掘調査を継続する予定である。
キーワード
斑鳩大塚古墳
前方後円墳
埴輪
地中レーダー探査
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 44号
関連アイテム