奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:568
ID AN00181569-20160305-1011
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20160305-1011.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 448.8 KB
Last updated : Oct 25, 2016
Downloads : 619

Total downloads since Oct 25, 2016 : 619
タイトル 社会調査における非回答の理論
別タイトル
Why Do They Refuse Social Surveys? Sociologists' Views toward Suervey Nonresponse
著者
吉村, 治正 (Yoshimura, Harumasa)
奈良大学社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.44, (2016. 03) ,p.143- 154
識別番号
ISSN
03892204
抄録 調査対象者の選択的意思による協力拒否は社会調査にとってきわめて深刻な問題であるにも関わらず、本邦の社会学者の間では未だこれを規範的に評価することが横行している。本稿では、非回答の発生とそれが及ぼす調査結果への影響について、旧来的な理解(抵抗の連続尺度モデル)と、社会科学に立脚し非回答を調査対象者の合理的思考の結果とみなす諸理論(機会費用理論・社会的交換理論・社会的孤立理論・パーソナリティ理論・天秤理論)とを対比させ、その特徴を概略的に論じた。
キーワード
社会調査
非回答
天秤理論
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 44号
関連アイテム