奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:598
ID AN00181569-20160305-1015
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-20160305-1015.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 5.7 MB
Last updated : Oct 25, 2016
Downloads : 251

Total downloads since Oct 25, 2016 : 251
タイトル 高見順「死生の十字路」
別タイトル
Jun TAKAMI, The crossroads of life and death
著者
大町, 公 (Omachi, Isao)
奈良大学名誉教授
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.44, (2016. 03) ,p.244- 226
識別番号
ISSN
03892204
抄録 作家であり詩人でもあった高見順は、昭和三十八年、食道癌を患い、一年十ヶ月の闘病の末、亡くなった。闘病の期間は二つに分けることができる。隔てるのは、昭和四十年七月、詩集「死の淵より」の発表、および、ほぼ同時期の二度目の入院である。拙論ではその第二期を扱う。この時期、一期同様、小説はかけなかった。さらに詩もかけなくなった。いわば非文学的闘病の時期である。書き続けたのは日記のみであった。そこには日記に対する強い執念を感じさせる。「死生の十字路」(『続高見順日記』第三~六巻)を手がかりに、高見の死に至るまでの思索を追う。
キーワード
高見順
「死生の十字路」
死生観
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 44号
関連アイテム