奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:560
ID AN00181569-201803-1006
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-201803-1006.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 555.3 KB
Last updated : Mar 12, 2018
Downloads : 339

Total downloads since Mar 12, 2018 : 339
タイトル 「女性による、女性についての、女性のための」推理小説? : Frauenkrimiとは何か
著者
横山, 香 (Yokoyama, Kaori)
奈良大学教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). No.46  (2018. 3) ,p.97- 113
識別番号
ISSN
03892204
抄録  Frauenkrimiは、「女性による、女性についての、女性のための」推理小説と言われ、1990年代前後に女性作家の推理小説がドイツ語圏で流行した際にこの用語が定着したとされるが、その概念の定義は簡単ではない。ドイツのヴィースバーデン市が2000年から5年にわたり女性の作家に与えた賞「女性推理作家賞」 ("FrauenKrimiPreis") は、Frauenkrimiの概念とその褒賞の是非について、激しい議論を引き起こすことになった。この議論を整理すると、とくに女性作家が推理小説ジャンルにおける制度的なジェンダーの不均衡を感じているということ、Frauenkrimi が相反する傾向―フェミニズム的か、女性向けの通俗的なものか―で捉えられていることが明らかになった。本稿では Ingrid Noll と Charlotte Link という、現代のドイツを代表する Frauenkrimi の作家の作品を取り上げ、テクストそのもの傾向ではなく、その読まれ方と、そこで生み出される文化的意味が重要であることを指摘した。
キーワード
女性作家の推理小説
ドイツの大衆文学
文学制度とジェンダー
イングリート・ノル
シャルロッテ・リンク
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 46号
関連アイテム