奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:665
ID AN00181569-201803-1007
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-201803-1007.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.3 MB
Last updated : Mar 13, 2018
Downloads : 566

Total downloads since Mar 13, 2018 : 566
タイトル 世界遺産都市ポンペイと「おおさか」のまちづくり
著者
實, 清隆 (Jitsu, Kiyotaka)
奈良大学名誉教授
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). No.46  (2018. 3) ,p.115- 130
識別番号
ISSN
03892204
抄録 " ポンペイはイタリアの南部ナポリの南20kmにある地方都市であった。この都市は、BC6世紀頃、ギリシャの植民都市として発生し、BC89年にローマによって征服され、ギリシャとローマの文化を兼ね具えた古代都市である。ポンペイはギリシャの直接民主制、演劇、絵画・彫刻、音楽、スポーツ、教育・哲学と合わせて、ローマの優れたインフラ (上・下水道、道路、建築) 技術、豊かな食生活、ローマ風呂、エキサイティングな闘技場などを具え、都市生活の面からみると、「桃源郷」ともいえる様相を呈した古代都市である。
 AC79年にヴェスビオス火山の爆発で埋没した。17世紀を経て、タイムカプセルとして発掘されたこの町は、現在の都市論、とりわけ、都市行政・まちづくりを考察するうえで、大きな示唆・ヒントを提供している。茲に、当論文では、そのポンペイを「都市経営」という視角に重点を置いて分析したうえで、ポンペイの町づくりのセンスと酷似している「なにわ・おおさか」のまちづくり論を分析する。"
キーワード
ポンペイ
大坂
大阪
まちづくり
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 46号
関連アイテム