奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1173
ID AN10086451-19831200-1001
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10086451-19831200-1001.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.4 MB
Last updated : Dec 14, 2010
Downloads : 1126

Total downloads since Dec 14, 2010 : 1126
タイトル 道照伝考
著者
水野 柳太郎 (Mizuno ryutaro)
史学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学史学会
上位タイトル
奈良史学 (Nara shigaku : Nara journal of history). Vol.1号, (1983. 12) ,p.1- 30
識別番号
ISSN
02894874
抄録 古代仏教史において、道照は重要な人物の一人とされている。道照に関する基本的な史料には、八世紀末の『続日本紀』文武天皇四年(七〇〇)三月己未条の道照の死亡記事に附載された道照伝、九世紀に入ると『日本霊異記』上巻第二二話の「勤求学仏教、法利物、臨命終時、示異表縁第廿二」と題する道照説話、および『三代実録』元慶元年(八七七)十二月十六日壬午条がある。従来は、これに『扶桑略記』や『今昔物語』など後出の史料を加えて、充分な史料批判を加えることなく、道照を考察していた。小論では、主として『続紀』道照伝と『霊異記』道照説話を比較検討することにより、両者の史料的性格を明らかにするとともに、それを通じて道照に関する史実を確認したい。両者の類似点と相違点について、すでに松浦貞俊氏が考察しておられるが、両者の関係については、想ふに道昭の伝記記録に二つ以上あって、霊異記の著者は其一を執たものであらうか。とするのみで、深く言及しておられない。この点については、更に追求できると思われるので、本稿では段落をつけて比較考察し、両者の性格やそれぞれの原資料を明らかにしたい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 奈良史学 / 1号
関連アイテム