奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1600
ID AN10086451-19861200-1004
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10086451-19861200-1004.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.8 MB
Last updated : Dec 9, 2010
Downloads : 1521

Total downloads since Dec 9, 2010 : 1521
タイトル 西北研究所の思い出: 藤枝 晃博士談話記録
著者
藤枝 晃 (Fujie akira)
史学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学史学会
上位タイトル
奈良史学 (Nara shigaku : Nara journal of history). Vol.4号, (1986. 12) ,p.56- 93
識別番号
ISSN
02894874
抄録 敦煙学の世界的権威で、京都大学名誉教授の藤枝晃博士(現文化財保護審議会専門委員)は、次に掲げる略歴にもあるように、昭和一九・二十年、当時の蒙古連合自治政府の首都、張家口に設立された日本政府系学術機関、西北研究所のメンバーであった。戦前の大陸における日本人の学術活動に関心を有する編者等は、以前から博士に、この研究所についてお話をうかがうことを、お願いしていたが、今回、それが実現した。戦前の大陸における日本人の学術活動については、満鉄調査部など、一部の組織についてはともかく、他の多くについては、ほとんど明らかになっておらず、しかも、博士のお話は、日本の偲偏政権である蒙古連合自治政府の実態についても、興味深いものを含んでいる。以下その談話を再録することによって、研究の資料として提供したい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 奈良史学 / 4号
関連アイテム