奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1525
ID AN10086451-19881200-1004
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10086451-19881200-1004.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 493.3 KB
Last updated : Jan 7, 2011
Downloads : 1227

Total downloads since Jan 7, 2011 : 1227
タイトル フランク・メロヴィング王国の租税とインムニテート
著者
堀内 一徳 (Horiuchi kazunori)
史学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学史学会
上位タイトル
奈良史学 (Nara shigaku : Nara journal of history). Vol.6号, (1988. 12) ,p.69- 79
識別番号
ISSN
02894874
抄録 A ・ドプシュはその著書の中で、F ・ダーンの「メロヴィング時代の財政法」を指して「残念ながら今もってあまりにも注目されることのない論著」と評している。しかしこの主題は、F ・ティボーやF ・ロトによって論考され、M ・クロアル、L ・ルヴィヤン、F ・L ・ガンスホーフの
インムニテートの研究を吸収し、W ・ゴッファート、R ・カイザー、E ・マニュ・ノルティエ女史、J ・デュリヤらによって改めて検討されている。H ・ピレンヌによると、メロヴィングの王室財庫の現金収入源はなによりもまず商品流通に課せられた通行税であり、通行税の徴集は地租よりも容易であり、関税とともに地租も存在し続けたが、しかしその収税額は減少を辿る一方であったと。またF ・プリンツは、メロヴィング王国で
は、十分に機能しうる租税制度を欠き、王室財庫の収入は王領地と通行税・関税とで賄われたという。いずれも地租の存在がネガティブにとらえられているが、以下において、メロヴィング時代の地租がどのように存続し、課税、徴集されていたかを六・七世紀を中心に述べてみたい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 奈良史学 / 6号
関連アイテム