奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1119
ID AN10086451-19901200-1001
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10086451-19901200-1001.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 922.9 KB
Last updated : Dec 13, 2010
Downloads : 695

Total downloads since Dec 13, 2010 : 695
タイトル 義和団運動後の福建と日本
著者
菅野 正 (Sugano tadashi)
史学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学史学会
上位タイトル
奈良史学 (Nara shigaku : Nara journal of history). Vol.8号, (1990. 12) ,p.1- 17
識別番号
ISSN
02894874
抄録 一九〇三年春、閾漸総督許応驕は総督の地位を解任され、楊文鼎按察使らの高官が処分された。その原因は何であったのか。その背景は何であったのか。そこには、義和団運動の影響が、直接的に、間接的にあったと思う。小論の目的は義和団運動期、慶門事件以後の福建を考察しようとするものであるが、日本が重要に係っているので、日本との関係をにおいて考えてみたい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 奈良史学 / 8号
関連アイテム