奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1097
ID AN10086451-20021200-1005
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10086451-20021200-1005.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 368.8 KB
Last updated : Dec 17, 2010
Downloads : 551

Total downloads since Dec 17, 2010 : 551
タイトル 日露戦争後、満州還付をめぐって
著者
菅野 正 (Sugano tadashi)
史学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学史学会
上位タイトル
奈良史学 (Nara shigaku : Nara journal of history). Vol.20号, (2002. 12) ,p.79- 86
識別番号
ISSN
02894874
抄録 日露戦争終了後、一九〇五年九月五日、小村寿太郎外相はポーツマス条約を締結したのち、一二月二二日に、清国の北京で、「満州還付に関する日清協定」を締結した。その間の一〇月、一一月に、日本が満州還付の代償に福建の割譲を要求したとの風説が流れたことから、日貨排斥手段を用いてこれに反対する運動がおこりかけた。この運動およびその背景を紹介するのが本報告の目的であり、「割閾換遼反対運動をめぐって」が表題の意である。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 奈良史学 / 20号
関連アイテム