奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1058
ID AN10086451-20060120-1004
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10086451-20060120-1004.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 923.0 KB
Last updated : Jan 6, 2011
Downloads : 489

Total downloads since Dec 20, 2010 : 490
タイトル 系譜史料としての新出土墓誌 臨海出土墓誌群を材料として
著者
森田 憲司 (Morita kenji)
史学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学史学会
上位タイトル
奈良史学 (Nara shigaku : Nara journal of history). Vol.24号, (2006. 12) ,p.53- 77
識別番号
ISSN
02894874
抄録 筆者は近年、石刻の史料的特性とは何なのかという問題を考えている。そして、後述するような石刻の史料的特性を強く見出すことのできるものとして、墓誌と題名に注目し、他の典籍の形で残された史料とは異なる利用の可能性があることを、いくどか発言してきた。この文章では、これまでにも検討材料として提示している漸江省東部の臨海市(台州臨海県)出±の南宋墓誌群について、そこに見出される±大夫の家系を旦ハ体的に検討し、これまで述べてきた墓誌の史料的特性の確認と、それによって明らかにできることを述べたいと考える。ただし、本稿においては、宋代の官僚家系について論じることよりも、墓誌、とくに特定の地域から発見された墓誌群の史料的価値の確認とその利用の可能性、さらには限界の検証に、重点を置く。そして、こうした検討は、今後も出現し続けるであろう新出墓誌史料の利用のための準備作業となると考えている。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 奈良史学 / 24号
関連アイテム