奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1466
ID AN10086451-20090100-1006
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10086451-20090100-1006.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 637.3 KB
Last updated : Dec 22, 2010
Downloads : 1518

Total downloads since Dec 22, 2010 : 1518
タイトル 分国密懐法に関する一考察
著者
佐藤 くるみ (Sato kurumi)
史学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学史学会
上位タイトル
奈良史学 (Nara shigaku : Nara journal of history). Vol.26号, (2009. 01) ,p.82- 96
識別番号
ISSN
028984874
抄録 密懐法についてのもっとも有名な論文は勝俣鎮夫氏の論文であろう。密懐法に関して勝俣氏は、密懐をすれば本夫は姦夫を殺害できるという慣習があり、分国密懐法は、当該社会の強い観念を基底に置き、最も説得的な相殺の論理を骨格として生み出された、とされている。また菅原正子氏は家父長権の再考を中核に戦国大名の密懐法を考察されているが、分国密懐法を中核とした研究は少ない。本稿では法の変遷と事実認定のありかた、女性の地位を通して、中世社会における密懐の処理の仕方と、分国密懐法制定の目的について考察していく。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 奈良史学 / 26号
関連アイテム