奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1303
ID AN10086451-20100100-1006
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10086451-20100100-1006.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 808.3 KB
Last updated : Jan 7, 2011
Downloads : 1112

Total downloads since Jan 7, 2011 : 1112
タイトル 「殿位記」に関する基礎的考察
著者
高橋 周 (Takahashi shu)
史学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学史学会
上位タイトル
奈良史学 (Nara shigaku : Nara journal of history). Vol.27号, (2010. 01) ,p.87- 105
識別番号
ISSN
02894874
抄録 位記とは、律令制において位階を授けられる時に与えられた文書である。授与された位記は各人が保管し、位記の控えとなる案は式部省もしくは兵部省(女官の場合は中務省) により管理された。何事もなければ再び取り出されることのない性格の文書であった。ところが、位記が再び取り出される時がある。それは罪を犯し刑を受ける際、その付加刑として位階が降される場合である。降される位階の位記は意味を失うこととなり、内印(天皇御璽)あるいは外印(太政官印) の捺された位記を破棄する必要が生じてくる。その位記破棄の儀式が「殿位記儀」である。本稿は位記を破棄すること、すなわち「殿位記」に注目し、その変遷や意義の視点から律令位階制の変質を考えてみたい。
すでに先学による位階制の研究は枚挙に逞がないが、位記について専論するものは管見の限り多くない。屋上屋を架す可能性もあるが、古代における位記あるいは位階制の意義を一瞥したい。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 奈良史学 / 27号
関連アイテム