奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:992
ID AN10086451-20120100-1009
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10086451-20120100-1009.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 386.9 KB
Last updated : Oct 18, 2012
Downloads : 455

Total downloads since Oct 15, 2012 : 455
タイトル 北京国子監所在の元科挙碑をめぐる札記 : 邢鵬氏の報告を中心に
別タイトル
A Note on the Inscriptions of the Civil Examination under the Yuan Dynasty in Beijing
著者
森田 憲司 (Morita kenji)
史学科
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学史学会 
上位タイトル
奈良史学 (Nara shigaku : Nara journal of history). Vol.29号, (2012. 01) ,p.152- 160
識別番号
ISSN
02894874
抄録 筆者はかつて「元朝の科挙史料について 銭大昕の編著を中心に」(『東方学報』京都七三冊 二〇〇一、のち整理して『元代知識人と地域社会』[汲古書院 二〇〇四]に収録、以下「旧稿」と呼ぶ)において、現在では北京の孔子廟にある元代の科挙名碑について紹介するとともに、その問題点について論じた。
最近になって、首都博物館の邢鵬氏(論文に付せられた肩書には首都博物館助理館員とある)が、これらの石刻むについての報告をいくつか発表され、新しい知見を得ることができたので、ここでは、それらを紹介するとともに、若干の点について付け加えておきたいと思う。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Journal Article
Index
/ Public / 文学部 / 奈良史学 / 29号
関連アイテム