奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1560
ID AN10533924-19970300-1007
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10533924-19970300-1007.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 700.0 KB
Last updated : Oct 19, 2011
Downloads : 5984

Total downloads since Oct 17, 2011 : 5984
タイトル 西日本における畿内系甕製作技術の展開―弥生時代終末~古墳時代初頭の甕製作技術の出自を中心として―
別タイトル
The Spread of Kinai Style Pot Making Technology in Western Japan
著者
角南 聡一郎 (Sunami soichiro)
奈良大学大学院生
publisher 
出版地 奈良
出版者 奈良大学大学院
上位タイトル
奈良大学大学院研究年報 (Annual reports of the Graduate School of Nara University). Vol.2号, (1997. 03) ,p.111- 142
識別番号
ISSN
13420453
抄録 本稿では、弥生時代から古墳時代への移行過程において、特に土器製作技術にどのような変化が起こったかを西日本全体の中で検討する。特に畿内地方にその起源を持つ土器の形態と製作技術に注目する。具体的な検討を行う前にまず問題が二・三存在する。これらのうち最も重要なのは、現在一般的に言われる「畿内系土器」や「畿内系甕」とは、一体どういった定義のもとに語られているかという問題であろう。ここでは、まず西日本各地の弥生時代終末から古墳時代初頭の甕形土器について拠点的集落出土の一括性の高い資料を用いて、形態と製作技術を中心にそれぞれの地域ごとに分析を行った。次に、この分析結果をもとにそれぞれの地域の在地系の甕を形態と製作技術の双方から設定する。このことから畿内系甕を定義する。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 大学院 / 大学院研究年報 / 2号
関連アイテム