奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1235
ID AN10533924-20100300-1007
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN10533924-20100300-1007.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.4 MB
Last updated : Jun 14, 2012
Downloads : 840

Total downloads since Nov 21, 2011 : 840
タイトル インカ道「ワリ~プエブロ・ビエッホ」区間調査報告―インカ道の保全・活用を目的とした基礎調査―
別タイトル
General Survey of the Inca Road Huari-Pueblo Viejo Section: Investigation for the purpose of conservation and use of the Inca Road
著者
大谷 博則 (Otani hironori)
奈良大学大学院生 
publisher 
出版地 奈良
出版者 奈良大学大学院
上位タイトル
奈良大学大学院研究年報 (Annual reports of the Graduate School of Nara University). Vol.15号, (2010. 03) ,p.69- 97
識別番号
ISSN
13420453
抄録 現在、インカ道は世界遺産リスト登録に向けたペルー文化庁の取り組みによる文化的関心の高まりや近年のインカ道トレッキングによる観光価値の向上により、その保全と活用の重要性が高まっている。しかし、ペルー文化庁によるプロジェクトではその登録活動に多くの資金と人的資源を割かれるため、保全・活用計画を提唱するための十分な調査・プロジェクトを実施できないのが現状である。この現状をふまえ筆者は、ペルー共和国アンカシュ県カエホン・デ・コンチュコス地域を通るインカ道を基礎資料とし、インカ道の保全・活用するための考古学的、文献学的な基礎調査を2007年から実施しており、本稿ではその成果を報告している。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 大学院 / 大学院研究年報 / 15号
関連アイテム