奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1212
ID AN00181569-19721200-1004
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19721200-1004.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 517.7 KB
Last updated : Mar 2, 2011
Downloads : 793

Total downloads since Nov 18, 2010 : 810
タイトル 古典派経済学の空間認識: アダム・スミスの地代論を中心に
別タイトル
Spatial Recognition in Adam Smith's Rent Theory
著者
藤田 佳久 (Fujita yoshihisa)
文学部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.1号, (1972. 12) ,p.37- 50
識別番号
ISSN
03892204
抄録 最近における国土改造論や土地利川計画法などの政策上にその一端が示されるように,経済事象の空間的認識は近年一般化しつつあるようにみえる.このような動向は生産規模の拡大と技術革新を背景にしていちぢるしい伸びを示してきた昭和30年代以降の日本経済が,政策上においても直接対処せざるをえなくなるほど空間的な制約を受ける段階に到達したことを物語っている.それは具体的には,いわゆる都市地域と遠隔農村地域との間に引き起こされた所得格差が,より短期間に人口移動を促し,それが両地域のすみずみまで浸透した結果,いわゆる過疎過密現象が社会問題の前面にとりあげられるようになったからであり,またこのような背景の上に,とくに前者において土地という有限な供給量をめぐる需給の不均衡化から,いわゆる土地問題が急激にクローズアップされてきたからである。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 1号
関連アイテム