奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1033
ID AN00181569-19731200-1003
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19731200-1003.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 220.3 KB
Last updated : Nov 18, 2010
Downloads : 1107

Total downloads since Nov 18, 2010 : 1107
タイトル 障害児と親子関係
別タイトル
The Relationships between Parents and Handicapped-children
著者
池田 一郎 (Ikeda ichiro)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.2号, (1973. 12) ,p.31- 38
識別番号
ISSN
03892204
抄録 Personality の研究において遺伝的要因と環境的要因の輌較作用を重視しなければならないことはすでに Stern,W の指摘しているところであるが,現在は遺伝的 apriori なものよりも後天的,獲得的に形成されるものに興味がむけられてきている.さらに後天的,獲得的なもののなかでも幼児期の生活経験,さらにその背後に存在する家庭的条件が重要視されている.両親のこどもに対する態度,家庭の雰囲気がこどもの personality に大きい影響を与えることについては多くの研究が行なわれている.例えば Spitz,R.A は psychoanalysis の立場から親子関係における人間関係に関して乳児の1年間の観察を行なっている.また Newell は臨床的な研究で親の態度や取り扱いがこどもの行動にかなりの影響をおよぼしているとしているし, Zimmermann は25名の幼児の調査の結果,過度に保護された場合も無視された場合もともに攻撃的な傾向があらわれるとしている. Mussen,P.H も乳幼児の社会的学習が最初に家庭においておこなわれ,その最初の体験である母親との関係が他人に対する態度や期待を規定する要因となっていることを述べている.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 2号
関連アイテム