奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:962
ID AN00181569-19741200-1018
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19741200-1018.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 494.6 KB
Last updated : Nov 19, 2010
Downloads : 549

Total downloads since Nov 19, 2010 : 549
タイトル スキー回転技術の指導段階: 第2報パラレル系による指導
別タイトル
A Study on the Teaching Procedure in the Ski Turn Technique: II. On the process of teaching in the parallel system
著者
高橋 光雄 (Takahashi mitsuo)
教養部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.3号, (1974. 12) ,p.205- 219
識別番号
ISSN
03892204
抄録 日本の一般スキーヤーの人口は700万人とも1,000万人ともいわれる程で,恐らく世界第一のスキー人口を持つと思われる.この多くの一般スキーヤーの健全なレクリエーション・スポーツとしてのスキーには,その目的から競技スキーとはおのずと異った技術面もあると思う.「より安全に,より速く,あらゆる地形,雪質に対応できる巾のある技術を求め,その技術を習得する段階的指導の方法と要領を体系ずけること1)」は,冬季の社会体育,社会スポーツとしてのスキーにとって大きな意義がある.しかも日本の一般スキーヤーの現状は,諸外国に比べて雪上口数の短い,週末スキーや2,3日間位のスキーであり,それもシーズン中3,4回程度というのが大多数をしめると考えられるので,技術体系や指導体系の基本理念E)のもとに,短期間の学習で技術習得の成果を期待できるような指導過程が特に重要なことではなかろうか.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 3号
関連アイテム