奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:862
ID AN00181569-19751200-1011
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19751200-1011.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 461.4 KB
Last updated : Nov 20, 2010
Downloads : 591

Total downloads since Nov 20, 2010 : 591
タイトル スキー回転技術の指導段階: 第3報女子学生へのパラレル系指導
別タイトル
A Study on the Teaching Procedure in the Ski Turn Technique: III. On the parallel system of teaching for female students
著者
高橋 光雄 (Takahashi mitsuo)
教養部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.4号, (1975. 12) ,p.105- 116
識別番号
ISSN
03892204
抄録 近年,オーストリアの Wellenteclmik,ドイツの Schleuderschwung,フランスの Avalement,
日本の「抱え込み送り出し型ターン」等に代表されるようなスキー回転技術が,世界的技術革新の波にのり,各国で取り上げられ,研究されている.これは一秒の何百分の一かを競うスキー回転競技技術の進歩やコブのピステ,深雪の斜面における合理的なターンという目的から生じた技術であり,その実用的価値はきわめて大きいといえる.しかしそれは「中級以上の技術であり,初心者あるいは初歩の段階からこれを覚える必要はなく,この技術以前に学ぶべきターンがいくつかある」ので,初めてスキーをつける初心者を対象とすれば,少しでもはやく初歩的,原則的なターンの技術を覚えさせる方が先決問題ではなかろうか.そしてそういう指導段階についての研究も大きな意義があると思われる.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 4号
関連アイテム