奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1325
ID AN00181569-19761200-1017
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19761200-1017.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 339.9 KB
Last updated : Nov 22, 2010
Downloads : 533

Total downloads since Nov 22, 2010 : 533
タイトル カントの因果律の証明
別タイトル
Kants Beweis der Kausalitat
著者
高山 淳司 (Takayama junji)
教養部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.5号, (1976. 12) ,p.267- 275
識別番号
ISSN
03892204
抄録 ヒュームの因果批判により「独断のまどろみを破られ,思弁哲学の研究において全く別の方向を与えられた1)」と告白するカントにとって,因果の問題がその全体系中できわめて重要な位置を占めていることは云うまでもない.彼の「自然科学の基礎づけ」,「経験の形而上学」の鍵をなすカテゴリー論は,実質的には因果(および実体)のカテゴリーを範型として思索された.自然的因果性と自由との関係は,『純粋理性批判』の弁証論ならびに倫理的な諸著作の中心的テーマであった.--小論は自然的カテゴリーとしての因果性を主題的に扱った『純粋理性批判』の原則論の第ニアナロギーを中心に,カントの因果律の証明およびそれに関連する問題を扱おうとするものである.以下の叙述において,原則論の「経験のアナロギー」を引用するに際しては,第二版の段落にしたがい,〔A1〕~〔A9〕,〔B1〕~〔B28〕,〔C1〕~〔C6〕の表示をもって行う.(A,B,Cはそれぞれ,第一,第二,第三アナロギーを示す).
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 5号
関連アイテム