奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1107
ID AN00181569-19771200-1005
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19771200-1005.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 351.7 KB
Last updated : Nov 22, 2010
Downloads : 1079

Total downloads since Nov 22, 2010 : 1079
タイトル 如来蔵・仏性の開発
別タイトル
On the Enlightenment of the Buddhadhatu
著者
市川 良哉 (Ichikawa yoshiya)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.6号, (1977. 12) ,p.52- 61
識別番号
ISSN
03892204
抄録 一般に,如来蔵思想系経論の基本的立場はパーリ『増支部経典』にのみ伝えられる,次ぎの如き,心性本浄客塵煩悩説に遡源される.
比丘衆よ,この心は極光浄なり(pabhassaram idam, bhikkhave, cittam).而して其は客の随煩悩に雑染せられたり.
比丘衆よ,この心は極光浄なり.而して其は客の随煩悩より解脱せり.
これはまた,同経典に続いて次ぎの如く述べるのに趣旨は変らない.
比丘衆よ,この心は極光浄なり.而して其は客の随煩悩に雑染せられたり.無聞の異生は如実に是を解せず.故に無聞の異生は心を修せずと我は言ふ.
比丘衆よ,この心は極光浄なり.而して其は客の随煩悩より解脱せり.有聞の聖弟子は如実に解す.故に有聞の聖弟子は心を修すと我は言ふ.
これは,のちに『舎利弗阿毘曇論』巻27緒分仮心品第7に,下の如く引用されているのもよく知られている.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 6号
関連アイテム