奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1380
ID AN00181569-19781200-1001
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19781200-1001.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 595.3 KB
Last updated : Nov 24, 2010
Downloads : 934

Total downloads since Nov 24, 2010 : 934
タイトル 『ユートピア』と大航海時代
別タイトル
Sir Thomas More's `The Utopia' and the Age of Great Voyages
著者
辻田 右左男 (Tsujita usao)
文学部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.7号, (1978. 12) ,p.1- 14
識別番号
ISSN
03892204
抄録 ユートピアと言えば,現在では空想上の楽園,思想境などを意味する一般用語となっているが,ここでは16世紀の初めに刊行され,すべてのユートピア思想の源流になっているトマス=モアの『ユートピア』をさしている.これは460年前に書かれた書物であるが,あるべき国家・社会の青写裏を提示し,予見したという意味で現在でも新鮮さを感じさせる.
それゆえ,モアの時代から今日に至るまで『ユートピア』の研究書・諭文は枚挙にいとまないほど多く,またユートピアを地上に実現しようとするもろもろの社会運動も跡を絶たない.さらに「ユートピア」と同類型の思想を時代を超えて模索し,それらを思想史の上から研究した著書も多い.最近,わが国でもモアならびに『ユートピア』を社会思想の上から見た力作が数編出ている.筆者はいまさら改めて,『ユートピア」を思想史や英文学史の側面から見ようとは思わない.すでにイギリスの地理学史家J.N.L.ベイカーもその諭文のなかで注意しているように,想像の産物以外のなにものでもない,いわゆるユートピアも桃源境・蓬萊国など架空の国土も,案は例外なく地理的事物を背景として想定されている.古代におけるプラトンの『共和国』に始まり,アウグスティヌスの「神の都」,カンパネルラの「太陽の都』(1623),フランシス=べ一コンの『ニューアトランティス』(1627)などのユートピア思想がいずれも地理的用語で表現されているのをみてもその一端が察せられる.砂漠民族のユートピアもいうべきパラダイスは,かれらの住地の地理的環境と対照的な緑したたる,みずみずしいオアシスのイメージと切り離せない.このようにユートピア思想を地理学の立場から見ていくことは,筆者年来の宿願であったが,世上無数にあるユートピアのひとつひとつを地理的に考察することは筆者の能力の限界をはるかに越えている.たまたま,トマス=モアの『ユートピア』を取り上げてみると,この書物の背景として,アメリカ大陸の名称の由来するアメリゴ=ヴェスプッチの名前が現われ,しかもアメリゴの航海に4度も参加したというラファエル=ヒスロディの旅行体験の一環として,ユートピア島が語られている.そこで,せめてこれだけでも,地理学の視角からながめてみようと思い立った.
書物が時代の影響を受けることは当然であるが,時あたかも大航海時代(従来の地理的発見時代)のさなかに公にされた『ユートピア』も多分にこの時代の風潮,とくにその地理的知見を反映しているのではないかと考えてみた.そして結論的には,大航海時代がヨーロッパの地理学,地図学に画期的な進歩をもたらしたことを容認すると同時にモアの『ユートピア』もまた大航海時代の1つの産物とみなしたいのである.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 7号
関連アイテム