奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:883
ID AN00181569-19781200-1008
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19781200-1008.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 931.2 KB
Last updated : Feb 8, 2011
Downloads : 976

Total downloads since Feb 8, 2011 : 976
タイトル 奈良県における農家の就業構成と営農形態からみた地域区分
別タイトル
Regionalization of the Rural Area in Nara Prefecture
著者
藤田 佳久 (Fujita yoshihisa)
文学部
谷川 加余子 (Tanigawa kayoko)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.7号, (1978. 12) ,p.89- 120
識別番号
ISSN
03892204
抄録 高度経済成長期を通してわが国の農業地域がいかなる変化を示したかについては,地理学の分野でも近年いくつかの論考を得るようになった,それらの成果をここで整理する余裕はないが,それらの論考のほとんどがそれぞれ分析の立場に違いはあるが農業を産業レベルの農業自体として,あるいは農業的土地利用の観点から,その地域的動向とその背景を示そうとしたものであり,農業を支える農家はあくまで農業生産を主体とすることを前提として分析が行われてきた.
しかし,現実には高度経済成長期を通して個々の農家は急激な兼業化の中でその構成員の就業構成を一気に多様化し,当然そのような農家から構成される農村の性格をも大きく変化させた.それはさらに農業経営それ自体に与えた影響も大きく,その意味から高度経済成長期における農業の変化を把握する上でこのような農家の就業構成の性格とその変化を明らかにすることはきわめて重要なことである.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 7号
関連アイテム