奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1190
ID AN00181569-19791200-1005
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19791200-1005.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 1.0 MB
Last updated : Jan 7, 2011
Downloads : 661

Total downloads since Jan 7, 2011 : 661
タイトル 蒲原平野における小農の湿田農耕技術: 西蒲原郡遠藤のモノグラフから
別タイトル
The Poorly Drained Paddy Farming System of Small-holders' in Kanhara Plain, Niigata Prefecture: A Case Study of Endo Village
著者
野間 晴夫 (Noma haruo)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.8号, (1979. 12) ,p.60- 76
識別番号
ISSN
03892204
抄録 水田における稲作では,水のもつ特性によって,畑作とは異なるさまざまな性格を有する.稲作社会にみられる諸々の特色は,この水の利用の仕方に集中的に表現されるといって過言ではない.さらにまた,この水利用技術の発達の程度が生産力段階と規定するという側面も,水田における稲作には多分に存在するのである.本稿で対象とする湿田に関しては,従来からいくつかの用語としての定義2)はなされてきたが,上に述べた水の特性に照らして規定すると,「水利用=水の制御の不十分な段階にみられる,相対的に低湿な水田の現象形態」ということになろう.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 8号
関連アイテム