奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1179
ID AN00181569-19791200-1006
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19791200-1006.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 113.9 KB
Last updated : Nov 25, 2010
Downloads : 472

Total downloads since Nov 25, 2010 : 472
タイトル メチル 3,4‐ジ‐ο‐アセチル‐2‐ο‐(メチル2,3,4‐トリ‐アセチル‐α‐D‐ガラクトピラヌロネート)‐β‐L‐ラムノピラノシドのマススペクトルについて
別タイトル
Mass spectrum of methyl 3, 4-di-O-acetyl-2-O-(methyl 2, 3, 4-tri-0-acetyl-α-D-galactopyranuronate)-β-L-rhamnopyranoside
著者
藤原 剛 (Fujiwara tsuyoshi)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.8号, (1979. 12) ,p.77- 81
識別番号
ISSN
03892204
抄録 メチル2-ο-(α‐D‐ガラクトピラヌロン酸)‐L‐ラムノース(1)は植物の水溶性多糖類中には,その構成成分としてかなり普遍的に存在しており,多糖類の酸加水分解によって得られる1→2結合をもつアルドビオウロン酸であるがそのスペクトル的な研究はあまり行なわれていない.筆者らはこれまでに,キハダの水溶性多糖類の構造研究の過程でこのアルドビオウロン酸を分離し,NMRスペクトルについての研究を行なってきた.そこで今回はマススペクトルについて報告する.糖類のマススペクトルは近年構造決定の一手段として頻用されるようになり,結合様式によってほぼ共通する解裂パターンを示すことが明らかになってきた.従って,マススペクトルからその結合様式を推定することが可能になりつつある.そこで化合物(1)の完全アセチル体及びその還元体であるメチル2-0-(2,3,4,6‐テトラ‐ο‐アセチル‐α‐D‐ガラクトピラノース)-3, 4‐ジ‐ο‐アセチル‐β‐L‐ラムノピラノシド(3)のマススペクトルを測定し,1→2結合の特徴を明らかにし,かつウロン酸メチルエステルの挙動についても検討を行なった.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 8号
関連アイテム