奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1692
ID AN00181569-19801200-1018
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19801200-1018.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 482.4 KB
Last updated : Dec 16, 2010
Downloads : 1891

Total downloads since Dec 2, 2010 : 1891
タイトル 石川達三『生きてゐる兵隊』考 ‐評価の妥当性にふれて‐
別タイトル
An Interpretation of "Ikite-iru heitai" (A soldier who tried ti be human)
著者
浅田 隆 (Asada takashi)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.9号, (1980. 12) ,p.26- 38
識別番号
ISSN
03892204
抄録 「生きてゐる兵隊」は中央公論社特派員として中支の戦場に赴いた石川達三が、南京城陥落(昭12 ・12 ・25)直後の現地に取材し、翌年三月号『中央公論』誌上に発表した作品である。しかし、周知のようにこの雑誌は「生きてゐる兵隊」の掲載により発行直前に発売禁止処分となり、さらに、著者石川他二名が「安寧秩序ヲ紊乱スル」(公判判決)行為として禁鋼四か月(執行猶予三年)などの刑事処分を受けた。したがって、一部の読者を除いては、敗戦前にこの作品に触れ得た者はなく、仮りに触れ得ても言及することは合法的世界にあってははばかられる傾向があったようで、板垣直子は「発禁となったから」「詳しくふれることを遠慮する」(『現代日本の戦争文学』昭18 ・5 六興商会出版部)と言い、石川と親交のあった矢崎弾にいたっては「『蒼氓』『日蔭の村』もう一つ何かあったはずだが」(『文芸の日本的形成』昭16 ・2山雅房)と皮肉っぽく傍点を付したにとどめている。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 9号
関連アイテム