奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1169
ID AN00181569-19821200-1007
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19821200-1007.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 285.5 KB
Last updated : Dec 12, 2011
Downloads : 1488

Total downloads since Nov 22, 2010 : 1547
タイトル 記憶方略と大脳半球問の機能的差異について
別タイトル
Coding strategies and hemispheric functional differences
著者
池田 一郎 (Ikeda ichiro)
教養部
小川 嗣夫 (ogawa tsuguo)
教養部
Publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.11号, (1982. 12) ,p.99- 107
識別番号
ISSN
03892204
抄録 人間の大脳半球間の機能的差異に関する研究によると,言語的材料は主として左半球で処理され,非言語的・空間的材料は主として右半球で処理されるといわれている.しかし,言語的材料であっても刺激属性によっては必ずしも右視野(左半球)優位とはならない結果も報告されている.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 11号
関連アイテム