奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1666
ID AN00181569-19831200-1002
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19831200-1002.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 286.3 KB
Last updated : Nov 9, 2010
Downloads : 407

Total downloads since Nov 9, 2010 : 407
タイトル 集落址理解への一試み: エスノアーケオロジーからの示唆
別タイトル
A note for studying of archaeological settlements: Some suggestions from ethno-archaeology
著者
酒井 龍一 (Sakai ryuichi)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.12号, (1983. 12) ,p.15- 23
識別番号
ISSN
03892204
抄録 発掘される遠き過去ancientの集落≠止の理解にむけて,考古学では様々な試みがされてきた.筆者も同様の主題をめざして論議を続けている(酒井1976, 1977, 1982A, 1982B, 1983).
本稿では,いわゆるエスノアーケオロジー ethno-archaeology による集落調査の実例に学ぶことにより,いくつかの有効な示唆を得る.とりわけ,住居をはじめとする基本生活維持施設の配置や組み合わせに,それを形成する生活集団のいかなる実態が反映する例があるかを探索してみたい.
なお,これは「集落班からみる人間の精神構造一行為観察のチェックポイント」(『歴史公論』82)と題する先稿の続編をなす.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 12号
関連アイテム