奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1259
ID AN00181569-19831200-1012
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19831200-1012.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 315.3 KB
Last updated : Nov 9, 2010
Downloads : 1825

Total downloads since Nov 9, 2010 : 1825
タイトル 大脳半球機能差の発達的研究
別タイトル
A Developmental Study of Hemispheric Functional Differences
著者
池田 一郎 (Ikeda ichiro)
社会学部
小川 嗣夫 (ogawa tsuguo)
社会学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.12号, (1983. 12) ,p.159- 168
識別番号
ISSN
03892204
抄録 人間の大脳半球機能差に関する研究は,今や膨大な数にのぼっている.それらの研究の中心は,大人を対象としてどのような機能がいずれの半球に側性化されているかを明らかにすることであった.そして,一般に認められるようになった事象は,左右の大脳半球機能がかなり違っているということである.言語的情報処理と非言語的・空間的情報処理という二分法が適切であるかどうかについては議論の余地があるにしても,それらの情報処理機能が,それぞれ左半球と右半球を特徴づけるものであることは明らかである.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 12号
関連アイテム