奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1026
ID AN00181569-19841200-1006
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19841200-1006.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 241.0 KB
Last updated : Nov 15, 2010
Downloads : 1910

Total downloads since Nov 15, 2010 : 1910
タイトル 大脳半球性のパターンに関する研究
別タイトル
A study of patterns in hemisphericity
著者
池田 一郎 (Ikeda ichiro)
教養部
小川 嗣夫 (ogawa tsuguo)
教養部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.13号, (1984. 12) ,p.59- 66
識別番号
ISSN
03892204
抄録 ヒトの大脳半球機能差に関する大多数の実験心理学的研究では,両耳分離刺激聴法や瞬時刺激提示法などによって,どのような刺激あるいは課題の処理機能がいずれの半球機能として特殊化されているかに最大の関心が向けられてきた.そして,一般的には,言語的情報処理機能は左半球に,また,非言語的・空間的情報処理機能は右半球に特殊化されていると考えられている.一側性の脳損傷者を対象とした多くの研究(たとえば,McGlone, 1977; Bryden, et al., 1983)では,性差はあるものの,左半球損傷によって言語的情報処理機能に,また,右半球損傷によって非言語的・空間的情報処理機能に障害やその能力の低下がみられることが多いことを示しており,両半球は異なる情報処理機能をもつことが示唆されている.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 13号
関連アイテム