奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1577
ID AN00181569-19871200-1006
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19880300-1006.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 641.8 KB
Last updated : Nov 8, 2010
Downloads : 986

Total downloads since Nov 4, 2010 : 988
タイトル ペルー・プーノ県の二重言語・二重文化教育: ある国際技術協力の軌跡
別タイトル
La education bilingue bicultural en Puno, Peru: La trayectoria de una cooperacion tecnica internacional
著者
青木 芳夫 (Aoki yoshio)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.16号, (1987. 12) ,p.72- 90
識別番号
ISSN
03892204
抄録 ペルー南東部,ティティカカ湖をはさんでボリビアと国境を接するプーノ県は面積7万2330k㎡,県人口は91万をかぞえ,そのうち68%は農村部に居住している.また5才以上の人口75万のうち5割がケチュア語を,4割がアイマラ語を,なんらかの形で常用しており,スペイン語しか話さないスペイン語モノリンガルは1割にもみたない(1981年度国勢調査).プーノ県のあたりは別名「アルティプラーノ」と呼ばれるように標高3500~4000mの高原がつづき,ジャガイモや大麦などの自給農業とリャマ・アルパカ・羊の牧畜業をおもな産業としており,典型的なアンデス(シエラ)農村社会であるとともに,ペルーの中でももっとも貧困な地方のひとつである.
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 16号
関連アイテム