奈良大学リポジトリ

| Home Login |

XooNIps検索
  
     詳細検索

インデックスツリー

詳細



閲覧数:1073
ID AN00181569-19871200-1012
アイテムタイプ Article
このアイテムを表示する
画像
本文 AN00181569-19871200-1012.pdf
Type : application/pdf Download
Size : 502.5 KB
Last updated : Nov 8, 2010
Downloads : 1131

Total downloads since Nov 4, 2010 : 1133
タイトル 古代日本語における「信ず」の成立まで
別タイトル
Concerning the Word 'Shinzu 信ず' That Came into Existence in Ancient Japanese
著者
木村 紀子 (Kimura noriko)
文学部
publisher
出版地 奈良
出版者 奈良大学
上位タイトル
奈良大学紀要 (Memoirs of the Nara University). Vol.16号, (1987. 12) ,p.1- 16
識別番号
ISSN
03892204
抄録 「神・仏を信ずる」か否かとは、宗教的な心情を問う言葉として今日きわめて普通の言い方であろう。しかし、この宗教心の根本にかかわるとされる「信」という心のはたらきを指す語は、「信ズ」と漢字音のままでサ変動詞化しているあり方に明らかなように、古来ついに動詞としての固定的な和訓がつかなかった語である。
言語
jpn
資源タイプ text
ジャンル Departmental Bulletin Paper
Index
/ Public / 奈良大学紀要 / 16号
関連アイテム